みかくとー日和。

騒ぐまらヲタ

わたしがまらさんを好きなこと。

忘れられない景色がある。

 

 

 

幼い頃、深夜に目が覚めた。

ぼんやりしつつも、窓から夜空を眺めた時に見えたのは。

まるで、わたしも宇宙にいるかのように錯覚してしまうほどの、満天の星空。

流れ星が降り注いで、夜空いっぱいに星が散りばめられた景色。

 

 

 

 

 

 

 

2011年…今から約7年前、わたしは中学生になった。

わたしは、驚くほど真面目な優等生の女の子だった。

夜22時には寝なくてはならない。PCでインターネットを使うときはその都度親の許可を得る。………etc.

そんなに厳しくない言いつけではあったけど、それをきちんと守るような子、そして常にテストで学年1位とるような子だったのである。そんなわたしは、ある日、友人―ジャニヲタ兼アニヲターに言われる。

 

 

 

 

「ねぇ。ー"まらしぃ"って知ってる?」

 

 

 

 

 

「………"まらしぃ"さん?」

もちろん当時のわたしは知らなかった。

まぁ、インターネット許可制の家の子供が動画投稿ピアニストを知ってるほうが珍しいと思ってる。

それはさておき、友人の彼女がわたしに"まらしぃ"さんの話をしてきた理由はこうだ。

「あんたピアノやってるからさ。すっごい人見つけたから、経験者に見てもらいたくて。すごさを共有したいじゃん?」

 

その時に見た動画が、まらしぃさんによる『マトリョシカ』、『裏表ラバーズ』。

https://youtu.be/2kdA1c139vs

https://youtu.be/BFWTF8ImmBE

 

圧倒的だった。

ピアノ「らしい」曲でなくても原曲の再現度が高く、スピード(つまり再生時間)も忠実。そしてなにより跳ねるように楽しそうな軽やかな彼の指。

ーすごかった。こんな素敵な…ピアニストがいたんだ。

 

 

家庭環境のこともあり、ニコ生は見れなかったし、Twitterも追えなかった。実家がド田舎であることもあって、ライブにも行けない。わたしがまらさんを知る術は投稿動画しかなかった。

 

だからこそ、初めてまらさんのニコ生を見れた時は嬉しくて、さらに受験後(しかも第一志望は不合格)だったのもあって、まらさんの優しい音を聴いたとき、そのやわらかな声を聴いたとき、思わず涙が出たわけです。

ーあぁ、わたし、受験がんばったんだなあ、と。なぜかそのときに初めて、第一志望不合格で赦せなかった自分を赦すことができた。

 

 

 

2016年秋。大学生になって、一人暮らしをして……と、自由がきく生活になったため、ついにまらしぃさんのライブに参戦した。

 

『marasy piano live tour 2016 in 仙台』

 

ー「ライブマジック」というものが存在する。

普段の彼だって素敵だけど、表情も、オーラも、ペダルを踏む力強い音も…すべてが目に、耳に焼き付いて離れなかった。一番印象に残っているのは、当時初披露だった楽曲『meteorite』。2017年リリースアルバム『PiaNo Face』Disc2に収録されたIKUOさん、淳士さんとのコラボ楽曲。初披露、とあってわくわくしており、そして、曲が始まってー・・・

 

目の前に、星が流れた。

輝いてた。彼が、彼の音が。

その瞬間、わたしは本当の意味で彼の音の虜になってしまったんだと思う。

 

 

 

 

今でも、ライブで彼の演奏を聴いてると星が流れてきらきらと輝いてるのが見えることがある。それも、彼のオリジナル楽曲のときが高確率で。

特に『Messier』『AndrΦmeda』『stella=steLLa』は、幼い頃に見たあの星空がそのまま蘇ったように、インパクトのある輝いたきれいな星が見えたのである。

 

 

 

そう考えると、幼い頃にあの景色が見れたのも、それをずっと覚えていたのも、『運命』だったのかもしれない。星達による『導き』だったのかもしれない。

 

 

ー『あなたは、この彼の奏でる音(輝き)に出会うためにうまれたんだよ』と。ー

 

 

 

 

 

↓まらさんとの出会いダイジェスト(漫画)https://twitter.com/mi4ka1ku_to1/status/1122493439340208134?s=21