みかくとー日和。

騒ぐまらヲタ

『marasy Piano Live Tour Asia 2019 Final』ライブレポ

⚠️見る前の諸注意

・うろ覚えなところもある

・個人的主観

・ポエミーなとこある

 

それでも大丈夫!な方のみどうぞ↓

 


「2008年8月13日」ー・・・

その文字とともに秒針を刻む時計が表示されて、

「【東方】「ねいてぃぶふぇいす」を弾いてみた【ピアノ】」

とキーボードで打ち込まれる。続いて打ち込まれる投稿者コメント。そう、当時の彼のはじめての動画投稿の様子を、彼目線で再現したかのようなOP。

そして、投稿されたあとにスクリーンに映るは、あの茶色ピアノで演奏された当時の動画。彼がはじめて動画を投稿したときの『ドキドキ』が伝わるような。

『彼の、原点。』

そう思うと、胸がいっぱいになって涙が出てきた。

 


映像はまた時計に切り替わり、「令和元年6月8日」まで時を進める。そして、ステージから暗い客席にのびる目一杯に輝くレーザーの光。その光の影に隠れながらも、たしかにピアノの前まで歩んできたのは…。

 


1.ネイティブフェイス

いつもよりちょっと引き締めたような表情に見えたな。踏み込むところは指にぐっと力を入れてるのがわかるくらいに(血管が腕に浮き出てるのがわかるくらいに)力強く弾いてて。スクリーンには横から見た演奏の様子や頭上から鍵盤を見下ろす図etc.が映ってた。今回のライブで一番かっこよかったと言っても過言ではないグリッサンド。上から下にさがるオクターブで右手は思いっきりグリッサンドして体ひねって、その影響で左腕はぐっと後ろに引く形になったんだけど、その姿が芸術品にしか見えなかった。ただひたすら美しかった。あの映像が目に焼き付いて離れないくらい。

 


緑色のレーザー基調だったのは『native faith(土着の信仰)』だから?

弾き終わって、拍手をもらってこっちを見た時のにっこりスマイルにHP回復(かわいくて泣いたけど)。

(  ⚯̫  )<みなさん、こんばんは〜!

聴衆<こんばんは〜

(  ⚯̫  )<…?(ん?みたいな顔してから)みなさん、こんばんは〜!(笑)

今回2回もリトライしました。歌のおにいさん?挨拶催促する姿がただの歌のおにいさん。かわいい。

 


2.PiaNo Face

これ絶対映像化するだろマン。スクリーンに映るのがカメラワーク完璧すぎる後ろ姿とか横顔とかもちろん演奏するおててとか…。とりあえずカメラワーク完璧すぎて本人とスクリーン見るのに忙しかった。わたし、あのとき『この幕張ライブ円盤化ですか?ありがとうございます』って拝みそうになった。Bメロ?の4つ音連続するところからの音がアルバムの音源より軽やかだった。そして疾走感が増してた。おそらくテンションあがっていつもよりテンポマシマシで弾いてたのかも。そして間奏かっこよすぎた。右手で遊んで途中から左手入れる感じだったかな。アルバム音源とは確実に違ったけど。間奏アレンジが毎回違うのはライブの醍醐味だよね。ごちそうさまです。

 


3.うらめし太郎

最初の連続音ためにためてマシマシでした。あとAメロのリズムとかPiaNo Faceの連続音とかと同様、アルバム音源より軽やかだった。サビ前とか踏み込み頭ぐわっと前にやったり踏み込んでたね〜…。ゆえにサビ前の駆け上がりがサビの盛り上がりをさらにひきたててむわっと熱気増した。最後の音がほんとに静かに鍵盤に指がおろされていって、音が鳴って、そして踏み込んだペダルから足を浮かせると同時に指も鍵盤から浮かせるその一連の流れが曲の幻想世界から現実世界に帰る合図みたいになってるのがいつ見ても芸術的。あとレーザーが青系統を基調としてて『冷(霊)』とか表現してた(たしか)からよかったなぁ。

 


(  ⚯̫  )<今日は皆さんとたくさん交流したいと思います(*`・ω・´)キリッ(←みたいな感じでかわいかった)恒例の、どこから来たのか聞いてみたいと思いまーす!近所の方〜?…おや、意外と少ない?じゃあ、東京の方〜?…えっ!?みんなどこから来てるの?名古屋から来てる方〜?…あっ!どうも(笑)僕、名古屋の人贔屓にするんで、よろしくね(笑)じゃあ遠くから来てる方〜?…へぇ〜!海外から来てる方とかいる?…えー!ひとりいた!ありがとね〜!

↑探す時にお手手敬礼みたいにしてキョロキョロ探すのかわいらしすぎた。それを素でやる彼のあざとさ偏差値70超え。

 


(  ⚯̫  )<僕はアニメとか大好きで…。その曲達も演奏しようと思いますので、よければ、手拍子とか…いただいて…(笑)

 


4.残酷な天使のテーゼ

5.おジャ魔女カーニバル!!

6.太陽曰く燃えよカオス

7.恋は渾沌の僕也

8.God knows…

9.ようこそジャパリパークへ

テーゼの最初のフレーズ弾いた後にじっと客席を見るまらしぃさん(いつもの)。手拍子始めたと思ったらぶんぶんと腕を上下させて、左足でテンポを刻みながら弾いてる姿が『かっこいい』と『かわいい』の大渋滞。安定の繋ぎが上手い、自然。リズムに乗ってるのか、聴衆の手拍子もあって高揚してるのか、頭ふりふり〜っとしながら弾いてるのがなかなかに艶っぽかった。良い意味で気が抜けてきたのか表情がね。いい表情でしたぁ…(心のシャッター、パチリ)。うーにゃーラインは(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!してる人は周りにいなかったけど、かなりアップテンポで手拍子も調子づいてきたからかかなりご機嫌な様子のまらさん。アニソンメドレーラインもライブで王道だけど曲もそのアレンジも毎回違うからライブの醍醐味だよね。

 


(  ⚯̫  )<アニソンだけじゃなくて、ボカロも好きなんです

 


10.シャルル

11.初音ミクの消失

12.アスノヨゾラ哨戒班

13.メルト

14.マトリョシカ

15.拝啓ドッペルゲンガー

16.六兆年と一夜物語

おシャルル。改めて手拍子ありメドレーだったんだけど、個人的に初音ミクの消失でレーザーとかライトがミク色だったのが雰囲気合いすぎて演出的に最高でした。初音ミクならぬ演奏者のまらさんがその場でホログラムが消えるみたいに消えてしまうのではないかと錯覚してしまうくらい、『歌いたいよ』と最後に力強く願い叫ぶミクちゃんの想いをまらさんが音にのせてた。マトリョシカは最後のフレーズのアッチェレランドゴリ押し。そこからのドッペル→六兆年。ボカロメドレーのクライマックスに相応しい疾走感と曲の盛り上がり。最高でした。

 


ここで暗転。まらさんはステージの前の、小さなスペースに移動して、ピアノの前へー・・・。

 


17.楓神

ピアノ移動始めた(手動)瞬間のヲタク『は?』

ただのアイドルのトロッコ移動と一緒なんですよ!トロッコがピアノ演奏してるまらさん乗せたスペースに変わっただけ!はぁ!?

そしてそんなトロッコ(仮)、移動中に2回ほど左右の方に寄って聴衆の方を向いて(弾いたまま)、そして、ちょっとだけにへっとしながらも照れた表情で

 


(  ⚯̫  )<(ぺこっ)照

 


あっ、あ〜〜〜〜〜〜〜国宝ですね?わかります。

ちなみにヲタク、ステージから8列目くらいの花道の柵のとこだったので、はっきり彼が認識出来ました。視力微妙な私でもはっきり顔の構造見えるしなんなら毛穴も確認できた。は?

ためにためたイントロ流れた瞬間に『でたな』と思った。彼、最近この曲ライブで演奏するのお気に入りだね。移動してるからか、このときは左足が大人しかった。

 


そして、ホール真ん中にある、サブステージへ。そこで待っていたのは。

 


18.Piano Ninja

(  ⚯̫  )<本日のゲスト、kors kさんで〜す!!!

と紹介がありながら始まったまらすけタイム。今回、まさかの本ステージのスクリーンにPV動画が流れる演出。つまり、まらすけのステージをど真ん前か見た人は、『PV+まらすけ(本人)』の豪華ハッピーセット

私の席から見えたまらすけは後ろ姿だったんだけど、打ち込みのところでこーすけさんが右手上下に振ってたり、体揺すってたりテンション上がってるのがわかってさらにテンションあがったなぁ。その打ち込みのところでまらさんの肩があがってるのがみえて気合いの表れを勝手に感じてた。

 


(  ⚯̫  )<すでに明日の筋肉痛を確信してます…。…あ、でも、若ければ、ね(笑)

 


(  ⚯̫  )<みなさん、今日の天気は〜!?

聴衆<(晴れ、くもり、雨がゆきかう)

😎&(  ⚯̫  )<ど、どれ…?(笑)

😎<でも梅雨入りしたよね

(  ⚯̫  )<でも雨そんなに…じゃああんまりアンラッキーじゃないね(笑)

 


19.アンラッキーガールちゃんの日録

これも本ステスクリーンにPV。『3倍アイスクリーム!!!』も個人的にはやってきた。この曲は彼はピアニスト。手拍子しながらもサビの『ふー!』でも手上げてきた。超楽しかった。この曲は1番のみで、ざざぶりへ。

 


20.ざざぶり大作戦

これ流れた時の聴衆の盛り上がり半端じゃなかった。『へい!』で手あげるやつももちろんやってきた。そして、あの、歌詞に入った時に、突如ピアノの前から席を立つ彼に叫んだのは私ですすみません。マイク持って人変わったようにアイドルになったからあれはアイドル。需要と供給が合いまくってるこの現状に、ウッ、誰かAED…。ぐるっと回ってくれたので、背中しか見えなかったわたしも真正面からのアイドルの図が見れて最高だったし、サビでの飛び跳ねもやってくれたので合法的腹チラですよ。ありがとう、ありがとう…。

 


21.SigSig(maras k ver.)

まらしぃさんのピアノが終始なめらかなメロディのアレンジ楽曲。こーすけさんの合図でみんなで手を左右にゆらゆら揺らしたり。

最後の方の波がたゆたうようなおだやかなメロディの時に天井の方で波が揺られてるような、それを水面下から見ているような光の演出があったんですよね。それが印象的だったな。幻想的すぎて、今の時間は夢か現か。そんなことを考えてしまった。

 


22.Play Time!!

イントロ流れた瞬間の『キタ━(゚∀゚)━!』感よ。まらすけタイム最後の曲。タオルぶんぶん。こーすけさんもタオルぶんぶんしたり、スマホの内カメまわしたり。これもまらソロでみんなで左右に手を揺らしたり。

この曲はまらすけ最後にふさわしい盛り上がり。最高でした。

 


ここでこーすけさんとまらさんが左右に別れて花道の柵を沿ってサブステから本ステへ歩いていく。こーすけさんは柵側の人にハイタッチしていき、最後にタオルを聴衆のほうへ投げて去っていった。まらさんは最初はお手振りだけだったんだけど、たまたまいたちびっこへのハイタッチから先の人は柵から手を伸ばしてハイタッチしていきながら本ステへ。隣のこるぐさんが端っこだったからハイタッチしてた。その時の私?心の中のポプ子が唸り声上げててピピ美がひたすらステイステイしてました。羨ましいに決まってます。

 


23.Messier

24.Mille

ピアノプロジェクション。映像があるのもあってこの2曲は動画ver.からアレンジ変化はなし。

 


(  ⚯̫  )<あのね、弾きながらスクリーン見るとね、こう…ミルが僕のこと見てるんすよ(イケボ)

 


ミルちゃんじゃなくてミル呼びなところに嫁認定してるヲタクっぽさを感じた(真顔)。

 


(  ⚯̫  )<これの仕組みを簡単に説明すると〜…映像でますか〜?

(違う画像がでる)

(  ⚯̫  )<…これじゃないっすねぇ

 


25.Happy Birthday To You

オサルチャンが出てくるピアノプロジェクションを使ってのお祝い演奏。これも最近のライブの王道ですね。今回結構いた。そして誕生日の人をスクリーンに映し出す演出。これは初めて。すごい。力入ってる。

 


26.風来

まさかのピアノプロジェクションでの『風来』にすっ転んだ。しかも突如スクリーンに出てきたのが孫悟空コスのオサルチャンに美少女3人(猪八戒とかそこらへんの)だった。美少女に関しては趣味か。趣味だな。孫悟空オサルチャンが中国から日本へ渡るRPG風。非常にかわいらしくて、まらさんもご満悦。聴衆も和んでおりました。

 


グランドピアノへ移動をする。座る時にちゃんと座れなかったのか、

(  ⚯̫  )<?

となりながら座りなおしていた(かわいい)。

 


(  ⚯̫  )<恐らくこの会場、メッセでやるのは初めてだと思います。ピアノの生の音をね、楽しんでもらいたいと思います。

 


27.Iris(生音)

前の方だったから聴こえてたんだけど、正直後ろの方は厳しかったかもしれない…。ただ聴こえてた身からすると、いつもより踏み込みが強かった印象。だから、後ろまで聴こえるように彼なりに配慮していたんだと思う。後ろのひとまで、僕の音が聴こえますように、届きますように。そんな願いを込めて。

 


28.ひかりのやくそく

まさかのコラショ映像ありだった…。そして光がすべて青系統で本当に海の中にいるみたい。そして個人的にコラショの魔法を使っているシーンとメロディがマッチしすぎていた件。まるで本当に魔法にかかってしまうようなきらきらした音色。タイトルの『ひかり』にも関連しているんだろうけど、海やコラショとキッズの絆のように穏やかで優しくて、そこに差し込む光やコラショの魔法のようにきらめいて輝いている、そんな素敵な演出と演奏で最高だった。

 


29.アマツキツネ

スクリーンに流れていたのはまさかのDIVA(であろう)のPV。たまぁにスクリーンにうつる狐リンちゃんをちらっと見てるのを私は見逃さなかった。タイミング合わないところがあったのか、そういうアレンジなのか定かではないが間奏とラスサビの間隔がほとんどなかった。最近の演奏は『生』を感じるような切なくも力強いアレンジが多かったけど、今回はボカロver.に近い疾走感がある演奏だった。

 


30.千本桜

正直、この曲流れた瞬間、これ最後から2番目だなって予想してた(安定)。後ろのスクリーンで桜が舞って、レーザーなど光がすべてピンクになってて曲の『桜』に沿ってた。ラスサビ入る前のところで最近やりがちな給水タイム。スポットライト当たってるにもかかわらず客席の方を向いて綾鷹飲み始める。勇者か。そしてスポットライト当たったままタオルで汗をふく。勇者か(2回目)。

 


(  ⚯̫  )<ぼくね、本当にこのライブ楽しみで、運気あげるためにビンゴゲームやったり、昼夜逆転生活直してたりしてたんですよ。そんなライブもね、次で最後の曲です。

聴衆<えーっ!!!

(  ⚯̫  )<…運気あげるために(以下略)

聴衆<えーっ!!!!

(  ⚯̫  )<…。→まさかの千本桜ラスサビ弾き始める(レーザーとかの演出もちゃんと再現)

(  ⚯̫  )<ぼくね、(以下略)

聴衆<えーっ!!!!!

(  ⚯̫  )<ふふ、ごめんね、ありがとう(笑)

 


(  ⚯̫  )<東方のみの演奏会やります!京都、名古屋、東京です!

 


(  ⚯̫  )<僕ね、ビートまりおさんが大好きなんだけど…結婚されちゃって…。…男なんだけどね?(笑)結婚されちゃって…(笑)

 


31.ナイト・オブ・ナイツ

(亡き王女の為のセプテット、月まで届け不死の煙、Help me ERINNNNNNN!!、林檎華憐歌、打打打打打打打打打、回レ!雪月花、ロキ、ロストワンの号哭、ピースサイン、からくりピエロ、Lemon、打上花火、白金ディスコ、砕月、大盛況、WE ARE THE CHAMP、お風呂が湧いた時の曲、ガヴリールドロップキック、ゴリーゼのために、Bad Apple!!、コネクト、U.Nオーエンは彼女なのか?)

終始聴衆の手拍子に合わせてたけど、ホントに指動いてるのか?静止画?と思うほどのスピード。演奏するお手手の映像がスクリーンに映ってたけど、安定のつむじもちらり。

 


(  ⚯̫  )<最近ペイントピアノちゃん人気でね、僕は嫉妬深いので、複雑です…(笑)

 


32.Love Piano

まさかのYAMAHAさんのペイントピアノ登場。今回豪華です。

構図としては、まらさんが客席に背を向けて演奏している感じ。つまり、『ピアノを練習している少年(まらしぃ)を見守る母親(聴衆)』なのである。

(  ⚯̫  )<ピアノをね、もっと身近に感じてもらいたくて。

だからこの構図だったのかな。ペイントピアノという、本来のピアノの高級さがぬけて近寄りやすくなったピアノで、客として見るコンサートのような敷居の高いものではなく、息子のような近しい存在を見守るような。そう考えると、彼の背中がなんだかしっかりしてて、大きな存在に見えたんだよね。すごいなぁ…。

 


(  ⚯̫  )<最初がネイティブフェイスなら、最後は夢、時々…だと決めてたんです。

少しだけ、涙が滲んでるように見えた。

 


33.夢、時々…

演出から演奏から…全てが素敵で最高だった。演奏を始めると同時に、まらさんとピアノを取り囲むように上から伸びてくる光。まるで私たちがスノードームやオルゴールを見ているような。まらさんが、幕張ライブではなく、当時に想いを馳せながら弾いているような。

コンセプトが『夢の中でしか会うことができない、寂しい曲』だからなのかもしれないけど。

 


『離れても変わらずに愛したい愛してる』

『貴方は言った「この瞬間が一番好き」と』

…あなたは、歌詞を思い出しながら弾いてたのかな。何を思ってたのかな。ピアノから離れていた自分?苦しくて悲しかった過去の思い出?幸せで楽しかった過去の思い出?『まらしぃ』になったあのときの思い出?

 


この、幕張での、夢のような時間が、終わって欲しくないと、思ってくれてたのかな。

 


弾き終わっておじぎするときに、いつもよりずっと何かをかみ締めたような表情だった。誰かが、涙が見えたと言った。

『まだ、ふわふわしてる』と彼は言っていた。

 


あの時間は、きっと何よりも特別だった。

わたしがまらさんを好きなこと。

忘れられない景色がある。

 

 

 

幼い頃、深夜に目が覚めた。

ぼんやりしつつも、窓から夜空を眺めた時に見えたのは。

まるで、わたしも宇宙にいるかのように錯覚してしまうほどの、満天の星空。

流れ星が降り注いで、夜空いっぱいに星が散りばめられた景色。

 

 

 

 

 

 

 

2011年…今から約7年前、わたしは中学生になった。

わたしは、驚くほど真面目な優等生の女の子だった。

夜22時には寝なくてはならない。PCでインターネットを使うときはその都度親の許可を得る。………etc.

そんなに厳しくない言いつけではあったけど、それをきちんと守るような子、そして常にテストで学年1位とるような子だったのである。そんなわたしは、ある日、友人―ジャニヲタ兼アニヲターに言われる。

 

 

 

 

「ねぇ。ー"まらしぃ"って知ってる?」

 

 

 

 

 

「………"まらしぃ"さん?」

もちろん当時のわたしは知らなかった。

まぁ、インターネット許可制の家の子供が動画投稿ピアニストを知ってるほうが珍しいと思ってる。

それはさておき、友人の彼女がわたしに"まらしぃ"さんの話をしてきた理由はこうだ。

「あんたピアノやってるからさ。すっごい人見つけたから、経験者に見てもらいたくて。すごさを共有したいじゃん?」

 

その時に見た動画が、まらしぃさんによる『マトリョシカ』、『裏表ラバーズ』。

https://youtu.be/2kdA1c139vs

https://youtu.be/BFWTF8ImmBE

 

圧倒的だった。

ピアノ「らしい」曲でなくても原曲の再現度が高く、スピード(つまり再生時間)も忠実。そしてなにより跳ねるように楽しそうな軽やかな彼の指。

ーすごかった。こんな素敵な…ピアニストがいたんだ。

 

 

家庭環境のこともあり、ニコ生は見れなかったし、Twitterも追えなかった。実家がド田舎であることもあって、ライブにも行けない。わたしがまらさんを知る術は投稿動画しかなかった。

 

だからこそ、初めてまらさんのニコ生を見れた時は嬉しくて、さらに受験後(しかも第一志望は不合格)だったのもあって、まらさんの優しい音を聴いたとき、そのやわらかな声を聴いたとき、思わず涙が出たわけです。

ーあぁ、わたし、受験がんばったんだなあ、と。なぜかそのときに初めて、第一志望不合格で赦せなかった自分を赦すことができた。

 

 

 

2016年秋。大学生になって、一人暮らしをして……と、自由がきく生活になったため、ついにまらしぃさんのライブに参戦した。

 

『marasy piano live tour 2016 in 仙台』

 

ー「ライブマジック」というものが存在する。

普段の彼だって素敵だけど、表情も、オーラも、ペダルを踏む力強い音も…すべてが目に、耳に焼き付いて離れなかった。一番印象に残っているのは、当時初披露だった楽曲『meteorite』。2017年リリースアルバム『PiaNo Face』Disc2に収録されたIKUOさん、淳士さんとのコラボ楽曲。初披露、とあってわくわくしており、そして、曲が始まってー・・・

 

目の前に、星が流れた。

輝いてた。彼が、彼の音が。

その瞬間、わたしは本当の意味で彼の音の虜になってしまったんだと思う。

 

 

 

 

今でも、ライブで彼の演奏を聴いてると星が流れてきらきらと輝いてるのが見えることがある。それも、彼のオリジナル楽曲のときが高確率で。

特に『Messier』『AndrΦmeda』『stella=steLLa』は、幼い頃に見たあの星空がそのまま蘇ったように、インパクトのある輝いたきれいな星が見えたのである。

 

 

 

そう考えると、幼い頃にあの景色が見れたのも、それをずっと覚えていたのも、『運命』だったのかもしれない。星達による『導き』だったのかもしれない。

 

 

ー『あなたは、この彼の奏でる音(輝き)に出会うためにうまれたんだよ』と。ー

 

 

 

 

 

↓まらさんとの出会いダイジェスト(漫画)https://twitter.com/mi4ka1ku_to1/status/1122493439340208134?s=21

独断と偏見の弾いてほしい曲(随時更新型記事)

こんにちは。最近抹茶味のお菓子がお気に入りの味覚糖です。ただし小豆・黒豆etc.入りのやつ。てめーはだめだ(豆嫌い)。

 

 

まらしぃさんのニコ生やつべライブではよくコメント欄にリクエスト曲が書かれています。(ちなみに私は画面越しに顔を覆って『は〜〜〜〜すき』と悶えているのでコメントを送ることができていません。)

そこで、私が弾いてほしい曲といえば何が出てくるだろうなぁと考えてみました。独断と偏見の嵐です。チキソーソー、チキチキソーソー…

 

 

エントリーナンバー1…『Dear Butterfly』

大人気ゲームアプリ「アイドリッシュセブン」より、この曲を選ばせていただきました。蝶が飛び立つような春のさわやかさと明るさを感じる一曲です。高音できらめかせる曲を作ることも多いまらさんに是非弾いてほしい。そしてこの曲、私は歌詞も大好きです。

「憧憬 あの頃と変わらない 恋したメロディ」

「今伝えたいよ 好きなモノを好きだよって

    その瞬間こぼれてく 笑顔をシアワセと呼ぼうよ」

まらさんの作る曲って自分の殻を破る挑戦もあるとは思うんだけど、変わらないピュアさがあると思っているから、「変わらない恋したメロディ」の歌詞にぜひまらさんの音を乗せて欲しいと。そして「好きなモノを好き」とピアノを通じて叫んでいる瞬間(ライブとか)でまらさんの笑顔がはじけるので重ね合わせてしまったよヲタクは……。

 

エントリーナンバー2…『マイガール

国民的アイドルグループ・嵐による通算28枚目のシングルCD「マイガール」、通算9枚目のアルバムCD「僕の見ている風景」収録楽曲になっております。優しく暖かな柔らかい光を想起させるようなおだやかな曲調で、伸びやかでじんわりとしみわたっていく歌声が好きなんですよね。

そんな曲、弾いてほしいと思った一番の決め手はこの歌詞…

「ありがとうの 想いを伝えたいよ

   そっと君のもとへ」

ライブで、インタビューで…様々な場でファンや関わってきた人々へ「ありがとう」を伝える彼だからこそ、この曲のやさしさを音で表現してくれると思ったんですよね。多分弾かれたら弾かれたでボロ泣きする。うん、する。

 

*随時更新

Next is  エントリーナンバー3…『』

 

妄想(地雷注意)

誕生日を迎えてステキな大人に近づいた(はず)味覚糖です。こんにちわんこそば。

 

そんな誕生日の私、たくさんのフォロワーさんにお祝いされて非常に嬉しく転がり回ってたわけですが、そのなかで彩嵩さん(@xx_harutaka1028)からイラストを頂いてしまいました。

 

 

見れた?見た?見たよね?見たでしょ?

 

( ⚯̫ )<おかえりー(ウルトラスーパー微笑み)

 

 

えっっっっっ………………ぐうかわ…………。

思わず語彙力が低下してしまう圧倒的攻撃力の高い微笑み。そして爽やか。ピュアさがある。私が描いたら下心しか感じない()のに、本人の童心を忘れないピュアさも微笑みのあたたかさとさわやかさが忠実に再現されてる…ちゅき…。さて、以下妄想文です。地雷の人はリアルに戻るんだ。今なら戻れるぞ。同志はともに楽しもう、よろしく。解釈違いはごめんあそばせ。

 

妄想歴=年齢のヲタクの我はすでに『まらさんおかえり妄想』なるものをしていた。個人的妄想では、私が「ただいま〜」と帰るとゲームから目を離さずアイスくわえたまま「おかえりー」とか言いそう、である。身内とかファンとは違った親密な人たちにはちょっとドライな感じが好きです(あくまで妄想)。

 

ドライ?ならあえて「おかえり」と言わない選択肢もあるのでは?

 

 

違うんですよ〜〜〜!!!!!!彼は実家暮らし。そして妹、弟がいます。礼儀というかマナーというか…挨拶はきちんとするタイプだと思うのです。ただ面と向かってきちんと言うおぼっちゃまタイプというか、人懐っこい素直すぎるタイプではないと思うのです。ちょっとツンデレ?いたずらっ子?くらいがちょうどよい。でもおにいちゃん。おにいちゃんって…そういうとこだぞ??『まらさんはおにーちゃん』ってなんかもうそんな同人誌のタイトルありそうだよね(ありません)。

 

で、今回もらったイラストは『おかえりー』と爽やかにピュアにまっすぐに言われてるわけです。つまりは、わかるな?ツンデレがデレてくれたのと同じように、今まで警戒していた野良猫ちゃんがそっと近づいてきて擦り寄ってくれたのと同じように、もとあるかわいさが爆発したわけである。「まら充(まら活充実者)爆発しろ」って言われなくても爆発してしまうわこの可愛さ。ifでいくと相棒のオサルチャン(喋れる動ける)が

(・ω・)<ご主人〜!!ただいまっ!!

って元気よく帰ってきたときにはこんな微笑み見せそうだよね。最高愛してる。

 

は〜〜今日も美味しくごはんが食べれそうです。妄想にお付き合いいただきありがとうございました!

『bamboo flutter』が最高に好き

こんにちは。まらさんのピアノを聴きつつ、線形代数の教科書を片手に勉強する日々が続いている味覚糖です。電車乗るためにダッシュしたり毎日1時間近くウォーキング(という名の通学)をしてるからか少し痩せて体力がつきました。嬉しい。さぁ、今日のタイトルいってみよー!

 

 

『bamboo flutter』が最高に好き!!!

 

『bamboo flutter』は2017年発売アルバム『PiaNo Face』に収録されており、尺八奏者・小湊昭尚さんとのコラボ楽曲。ライブだと『marasy piano live tour2017』仙台公演、2018年のまらフェスで演奏しております。2017年の仙台公演は小湊さんがゲストでした。豪華すぎたうえに小湊さんに対して終始にこにこしながらMCするまらしぃさんがぐうかわ尊いの民でした。ありがとうございます。

 

さて、まらしぃさん本人によるナタリーさんのインタビューでは『bamboo flutter』についてこう答えております。

 

( ⚯̫ )<「野音でやった「まらフェス」でも演奏させてもらった曲なんですけど、せっかくなのでCDにも入れたくてお願いした曲です。ピアノと尺八の相性ってメチャクチャいいし、尺八は吹き方によってはものすごくエモい楽器にもなるんです。「bamboo flutter」は激しい曲調なので尺八の情熱的な側面と、小湊さんの息使いにも注目してほしいです。」

 

えっ、2016年まらフェスでも演奏したん!?それは知らんかったよ!?(参戦していない)

 

ここからは私個人の偏見というか、ばんぶー好き好きマンの一意見であります。

この楽曲、小湊さんの尺八から始まるので「和」「雅」な袴な印象が強い。かと思ったら入ってくるピアノが細かい低音で黒スーツでキメてる「洋」なかっこよさ。そう、この「和」と「洋」の、一見ちぐはぐなものたちの融合がさらにこの曲のかっこよさをひきたてていると思われる。小湊さん(袴)の息遣いを感じることでさらに力強さ、「生」を感じる尺八の音が響き、そしてまらさん(スーツ・ネクタイ着崩し←ポイント)がすっ、と息を吸って、吐くと同時に指を鍵盤に落として、指を回しつつ、肩、頭を振り回す勢いの激しさで、尺八とはまた違った力強さのピアノの音を響かせる。

 

まらさんの楽曲って『Messier』『ホシアカリ』など割と高音できらめかせる「輝」く楽曲も多いんですよね。それも好きなんだけど、『PiaNo Face』『blue piano』『bamboo flutter』のように低音でシャープフラットなメロディの楽曲も非常に好きです。そんな私はばんぶー推し。

 

そんな『bamboo flutter』、私と同じように、たくさんの人がぜひぜひ好きになってくれたら嬉しいなぁ。

 

『PiaNo Face』特設サイト↓

http://www.subcul-rise.jp/marasy/pianoface/

 

そういえば、「flutter」には「不規則な動き」という意味もあるとか。ゆえにリズムも変拍子っぽいのかな。とか。

2018.12.1 marasy piano live tour2018 in長野

2回目の参戦?なにそれ知らんな。相も変わらずハンカチ片手にドキドキしながら待ってたし、そしたら開幕。現れたのは白く薄い幕。そこに映し出され、舞う、無数の白い羽根。天使かな?天使だったわ。

1.Iris

イントロどちゃくそ溜めるマン、それによって白い羽根がゆっくり、ひらひらと舞ってるのが表現出来てる。そのあとのメロディーから踏み込んでだんたん盛り上がっていく様子によってその舞った白い羽根をふきとばし、白い幕の後ろから天使の彼が登場すると。なるほどよくできている。幕取れた瞬間に客席見るんじゃないよかわいいでしょ。この曲しっとりED系かと思いきや間奏でOP系曲調にジョブチェンするからそこで今回のツアー会場名とか後ろのスクリーンに出すの控えめに言ってOP。始まったわまらツアーライブ。ファイナル?嘘やろ始まりじゃろ?

MC→(  ⚯̫  )<みなさんこんばんは〜

客『こんばんは〜』

(  ⚯̫  )<…みなさんこんばんは〜!

お前そのやり取り好きね!?しかもによによすんなかわいいだけだぞ28歳!!!

(  ⚯̫  )<ツアーライブ、長野で最後だって

私、普通に泣いた。

 


(  ⚯̫  )<紅葉が美しい季節になりましたね。そんな紅葉をイメージした曲がありますので、聴いてください。

2.楓神

ラスサビ前間奏あたりでオリジナルアレンジをくわえてるんだけとあれはやはりソロver特有の楓神かな???いやまらフェスでやってなかったからツアー書き下ろしソロ的な?なにそれすごい。イントロでパラパラと手拍子する人がいて私は『嘘やんこの曲で手拍子かます?』と思ったら案の定収束していった。それを逃さないまらまらお、客席見るうえに両足でリズム取ってるのを見逃さなかったよ〜〜〜!!???演奏してるのにそういう配慮しちゃうの!?どんだけファンも自分も楽しみたい精神なの愛してる。

 


3.アマツキツネ

まらフェスで高橋さんと小湊さんとコラボしてからずっとこの切なくも強い生命力を感じるアレンジでしてるなぁと思ったらMCでも、

(  ⚯̫  )<僕の今年のベストと言ってもいいくらい印象に残ってて、まらフェスでね、テーゼとか歌ってる高橋さんと…ウルトラスーパーかっこいい尺八奏者の小湊さんとコラボさせて頂いて(意訳)

小湊さん大好きかよ…昨年の仙台ライブでのジャケットの話いまでも覚えてる、好きね。でも確かに高橋さんの声は明るく子狐なリンちゃんのような曲調だとバランスが難しいもんね。なにより演出とのバランスがいい。後ろのスクリーンに光が木の枝のようにわかれて上へと伸びていくように映し出される演出。それがキツネが空へと翔ける様子の情景を引き出すトリガーになってる。

 


4.残酷な天使のテーゼポケモンマスター→God knows…→前前前世ピースサイン

(  ⚯̫  )<ポケモンマスター目指してた過去が僕にもありました…。いまでもレッツゴーイーブイイーブイポケモンマスター目指してます(笑)

なれるよポケモンマスター……イーブイちゃんと仲良くポケモンマスターになれるようお祈りしとくね!

テーゼのイントロ溜めるマンしたあとに客席を見て『手拍子しないの〜〜!?』な顔してるまらまらお(安定)(かわいい)。

(  ⚯̫  )<手拍子嬉しいよ。でも、速い曲のときに手拍子ゆっくりする(2拍子でとるとか)のはずるくない?僕頑張ってるのに…僕だけ頑張るとか割に合わない…。

そうね、私たちファンもそういうとこで共有しないといけないね。手拍子求められたら全力で手拍子するし全力で心の中で『はいかわいい優勝〜〜〜〜カンカンカンカン!!!!』って勢いよくコング鳴らすね。

 


5.Evans

6.凛として咲く花の如く

7.打打打打打打打打打打

※仙台レポ参照(断じてサボってない)

 


8.cat's magic☆(MV付きボカロver.)

イントロのピアノないとこで両足でバタバタ足踏みしてテンポとってるのかわゆぎる。行動がいちいちかわゆい天性のあざとさ。

(  ⚯̫  )<ミクちゃんのかわいさをぜひ見てって欲しいと思います!

の宣言通り、ミクちゃんを主役にもってきて自分のライブなんだけど、ちょっとだけ『脇役』になるという高度な技を成し遂げる。まらフェスの『bamboo flutter』でもそうだった。小湊さんにスポットしたい時は自分の音は掻き消さずに主張するんだけど『魅せる』を小湊さんにうつす、みたいな。それが今回はミクちゃん。ははぁ、すごい。

 


9.T.o.k.y.o

off vocal。MVの最初を見て、うさぎが右側ひょこひょこしてから真ん中でゆらゆら揺れるでしょ。そこで暗転してるんですよ。割と真っ暗で見えずらいと思うんだけどなぜそれが出来たかっておそらくその真ん中でゆらゆら揺れるうさぎとまらさんの演奏ピアノの場所がかっちりハマったからじゃないかと。だからこそそのT.o.k.y.oの『月夜のうさぎ』の『夜』の演出が出来たのではないかと。ははぁ、なるほどよく出来たMVとライブ構成である。

 


10.Messier

プロジェクションゾーン。星の群れと上昇したり旅をして…曲自体が星が流れるような輝きを持っており、宇宙のような壮大さを感じるものであるのはずっと言ってた。ではラスサビ前で星座が出てくるのは?あれ、多分彼が今まで辿った軌跡を意味してるんじゃないかと。その軌跡のなかでの出来事を『物語(ストーリー)』として『星座』にしていると。ということは、あれはまらフェス楽曲と言いつつやはり10周年をイメージされたある意味メモリアルソングでは???と勝手に解釈してる。

 


11.人形の夢と目覚め

さる気球が現れるのをお披露目する時の彼の表情がにやにやドヤ顔でちびっこがいたずら成功して「してやったり」な顔するのと同じ可愛さ。というかかわいい。アメちゃんあげよか???

 


12.ミル(新曲)

(  ⚯̫  )<僕好みのかわいい女の子で……ストライクゾーン

お前ぇ!この場でストライクゾーンとか言うてみ!?お前のファンしかおらんのやぞ!?そんなん言うたらみんなそんな感じの子目指すぞ!?ん!?

(  ⚯̫  )<一番最後に出てきた子が一番好きです(笑)

けもみみロリね、知ってた。ファンはわかってた。ロリに安定さを感じて安心したよ(?)。

終始時計の針と歯車が映し出されていたから『時空』がテーマなのかな、となんとなく思っていた。

 


13.sakura wishes

※仙台レポ参照(断じてサボってない)

 


14.渚のアデリー

『まらしぃ自慢大会2018』。幼少期からのリチャード・クレイダーマンさんとのやりとりを自慢するこの大会。今回も無事に開催されました!ヨッヨッ⤴︎ ⤴︎

私としてはその自慢をするまらさんのにやにやドヤ顔が最高にキュートで推せる(推せる)。前回の仙台レポで『クラシックまらしぃが残ってる』って言ったけど、それでも同音連符の弾き方とか近年の『らしさ』が出ててそれの融合が楽しめるのが非常に面白い一曲。

 


15.空想少女への恋手紙(生音)

仙台とちゃう選曲〜〜〜!!!違う生音が聴けるなんて聞いてないよぉ〜〜!!!困っちゃうっ☆…これは置いといて、1番2番あたり割と静かに、でも溜めずに弾いてて『おや?』と思ったの。だってツアーの彼はオリジナル曲(特にイントロ)溜めるマンだと思ったから。でも間奏からラスサビに向かってぐわーって盛り上げてってラスサビ最初の音の踏み込んだ重さのある音を聴いて、『1番2番では「2次元の女の子への憧れ」の延長ゆえにまだライトだけど、間奏で「憧れではなく恋」だと気づいて、ラスサビでは「届かなくても好きでよかった"憧れ"と届いてほしい"恋"に変化した」切なさの重み』になったのかな、と感じた。私の解釈です。

 


16.シャルル

全体的に軽やかなんだけど同音連符とかで踏み込んでみたり音を余韻残さずきちっと切ってみたりして歌詞のとこと合間のフレーズのメリハリを感じてアダルティー…ジャズ?な雰囲気のアレンジ。照明が『街角、街灯の下で「シャルル」を弾く』ものになっててシャルルのイメージに合いすぎて痺れた。

 


17.千本桜

ベストオブずるいで賞2018。『手拍子しなよ〜〜?』と言うように両足バタバタさせて手拍子させておいて本人そのあいだにお茶飲んだりタオルで汗拭いたりしてる。えぇ、さっき『自分だけ頑張るのはずるい』とか言っといて『他人はいいのかよ!?』とか思わない。彼が正義です。そのあと、ペダルと床に足踏みの勢いで両足ダンッって踏み込んで千本桜弾き始めてたんだけど、ピアノの音とその踏み込み音が同時に聴こえてきたのは最高に痺れた。多分『エモい』ってあーゆーときにつかう。

MC→(  ⚯̫  )<ここでね、ライブ恒例の、どこから来たのか聞いてみようかな!長野市のひと〜?…あら、意外と少ない!?松本市のひと〜?…長野県のひと〜?お〜!長野県外のひと〜?おぉ〜!!ようこそ〜(笑)……次の曲で最後です!

客『えぇーーーーっ!!!!』

(  ⚯̫  )<もうちょっと…

千本桜の弾き終わりから同じ流れを繰り返すというお約束の展開☆

(  ⚯̫  )<僕この流れ好きなの(笑)

んん〜〜っ!!そう言われたら何回でも付き合うっっ!!

 


18.ネイティブフェイス

(  ⚯̫  )<葬式で流してくれって言ってる。…葬式だと縁起が悪いから結婚式とかどうですか、って言われたんだけど…。…葬式って、絶対あるじゃない?結婚式ってあるかわからないでしょ?そういうことだよ。

そういうことか〜〜〜!!!じゃあ私も葬式で流してもらう曲決めとこ。

そのくらい彼にとっては思い出深くて、愛おしくて、原点なんだよね。この曲、アルバムとか仙台の時のテンポ揺らして曲に酔いしれてる感じのまらさんが好きなんだけど、今回は手拍子あったからかあんまテンポ揺れなかったなぁ…。それでも手拍子に合わせて左足でリズム刻んだりするまらさんの優しさ。後半手拍子に合わせず溜めるマンになってて『原点』の曲で『彼らしさ』が発揮できてよかったなって思う。

 


〜アンコール〜

19.大盛況

ベッドに腰掛けてフィギュア乗せた電子ピアノを弾きながらの登場(安定と信頼のスタッフさんによるベッドセットの移動。お疲れ様です)。セットの布団がニトリのお布団で私の使ってるお布団と種類同じだったから実質私はまらさんと同じ布団で寝てる(真顔)。

MC→(  ⚯̫  )<札幌でさぁ、それこそクリプトンの方とお会いして、『このフィギュアもらえるんすか!?』って聞いたら『ははは』って返された

どんまい!!!君なら買える!!!ふぁいと!!!(他人事)(だってプレゼントNGだから)

あと安定と信頼のおさかなサンダル。

(  ⚯̫  )<バンドの練習に履いてったら、ドラムの人が『どうかしてる』って。

お前てんちょー大好きな!!!ほんと好きな!!!そういうろじえもぐう愛しいのでライブしよ!?

 


20.Happy Birthday to you

(  ⚯̫  )<お誕生日のかた…どこにいらっしゃいます?…2階席とかも…。

と手を敬礼のようにして『どこどこ〜?』と探すスタイル最高級かわいいなので彼がベストオブかわいいピアニスト2018。そしてプロジェクションを使うにあたってサルは使わないけどご当地イラストを使うよ!の流れに!

(  ⚯̫  )<これなんだとおもう?(京都)

小さい子の声『うちわ!』

(  ⚯̫  )<ごめんね〜、これ扇子なの〜、ちょっと難しかったね〜(笑)

やさしい世界(真顔)。あれっ、ここが天国じゃないんですか?天使が見えたんだけどな…なのに現実…?天使は現代に実在したのかな…?ちなみに長野は信州そば。そばは予想してたんだけどな〜!!

ちなみに私の予想→『(  ⚯̫  )<見てこれ!麺の一本一本とか、ネギとかさぁ!超がんばったんだよ!』

ネギなかったな(´>∀<`)ゝ

 


21.ナイト・オブ・ナイツ(U.N.オーエンは彼女なのか?ようこそジャパリパークへ、コネクト、POP TEAM EPIC、チルノのパーフェクト算数教室、六兆年と一夜物語、Bad Apple!!、アスノヨゾラ哨戒班、拝啓ドッペルゲンガー、ロキ)※曲名順不同

(  ⚯̫  )<アンケートで面白いのがあって、『ももクロのライブより手拍子しました』って(笑)……まだまだ手拍子してもらいます☆笑

ももクロのライブと比較されるまらしぃ(28)。仙台の時より混ぜた曲が多かったかも。

 


〜ダブルアンコール〜

22.Love Piano

(  ⚯̫  )<ピアノ嫌で辞めちゃったよ、ってひとどれくらいいます?

ちらほら手を上げる人達がいて、それにまらさんは、

(  ⚯̫  )<ね、僕も嫌で辞めたからすごくわかるよ。

ーそれでも今はピアノが楽しくて、大好きで仕方がないというふうに穏やかな表情で『ピアノ』を語る彼。

(  ⚯̫  )<ヤマハさんの企画もそうだったけど、敷居が高いもの、として見るんじゃなくてもっと身近にピアノを感じてほしいな。

そして紡がれる音楽は『Love Piano』。もちろん照明の関係もあるけど、それでもきらきら輝く高音の音色にまらさんの瞳のなかに星が見えて、周りも明るくまばゆい光に覆われて……ピアノへの愛の『輝き』を感じた。

 


弾き終わり、スケッチブックをピアノの上に置き、オサルチャンをセットすr……

(  ⚯̫  )<……違う、こっちだな

手を抜かないまらまらお(28)。撮り終えたあとはご満悦の表情。マイク無しで

(  ⚯̫  )<ありがとうございました

と言って深くお辞儀(安定のペンギンお辞儀)。

 


☆はみだし枠☆

・どこだったか忘れたMC→(  ⚯̫  )<今日のピアノはね〜…女の子だと思う。僕が他のピアノ弾いてもね、やさしいの。浮気しても許してくれるの。僕そーゆー子大好き(笑)

・どこだったか忘れたMC2→(  ⚯̫  )<アルバム買ったよ〜!ってひと!?

『(ちらほら手を挙げる)』

(  ⚯̫  )<2階っ、2階席も見えてるよー!(ブンブンッ)

私『(ひぇえええ手振られてる)』←自意識過剰

(  ⚯̫  )<ここはね、嘘でも『買った』って言って僕をたてるところ

・今回ペダルとかステージを踏み込む足の音がめっちゃ聴こえたんだけどそんだけ彼のテンションがそこに表れてるんですか?好き。

・曲弾いてる途中に片手だけ使う場面が数回あったけど、そのとき弾いてないほうの手とその足の可動範囲広くてびっくりしたよ。身体ごとそっち向いたりしてたじゃんどうした?

・つむじはスクリーンに映る画面でしか見れなかった残念!!生え際舐めるように見たかった!!!!

・私の近くの席には初参戦のおば様がいがち。そして

(  ⚯̫  )<僕かわいい女の子が好きなんですよ

(  ⚯̫  )<次の曲で最後になります

の流れが好きな方がほとんど(当社比)

・あのピアノ絨毯なんだろうと思ってたけど、あれ客席側が弾き手になるようになってるから『(実際は彼が奏でているけど)音楽の解釈は私たちの価値観によるもの』を暗示しているのでは…?と思ってしまってなんだか絨毯の話が壮大になってしまった。

2018.11.4 marasy piano live tour2018 in仙台

開演前、私はハンカチを握りしめてステージをじっと見つめていました。そして、消える会場内のすべての光。幕が上がったと思ったら白い布に覆われてるステージ。その白い布をスクリーンに映し出されるのは一・・・白い、羽根。

1.Iris

そして紡ぎ出される『Iris』のイントロ。まるで羽根が落ちるように穏やかで優しいメロディー。白い布が落とされ現れたのは、我らが推し・まらしぃさん。その瞬間客席から送られる拍手。その様子をみてとろけるように、幸せそうに笑う彼。その表情に泣くしかなかった。ずっと後ろのスクリーンで舞い続ける白い羽根。それは彼という天使の白い羽根なのではないかと錯覚するほど幻想的で、穏やかで、優しい空間。間奏部分では音もペダルも踏み込みが力強くなり、そのあとの透き通った旋律のささやかさをひきたてていて。ラスサビに向かって音を持っていっているのがよくわかって、まるで扉を開いて風が入りこんだかのように、『希望』が見えた。

→MC

(⚯̫)<みなさんこんばんは〜

観客<こんばんは〜

(⚯̫)<…。こんばんは〜!(このくだり2回続いた。どんだけ挨拶したかったのかわいい。)

(⚯̫)<よかったでしょ!?オープンニング…。……噛んでないよ?(ただの天使)

(⚯̫)<昨年の仙台ライブきたよ〜ってひとー?…お久しぶりです〜(笑)じゃあ、今年初めてだよ〜ってひとー?…はじめまして〜(笑)じゃあ、名古屋のひとー?……はーい!

いたら贔屓しようと思ってたのに〜(笑)(いなかったからって自分で挙手すなかわいいなもう!!)

2.楓神

まらフェス再来を思い出させるセトリに意味のわからなさがすごい。イントロで焦らさせる安定のまら節。手拍子を催促するようにこっちを見るんじゃないただかわいいだけだぞ天使?ラスサビ前かな、CDバージョンとは違ったアレンジになっててフレーズ変えて少し音数増えてたかな。

3.アマツキツネ

イントロ溜めるマンですね。ボカロver聞くとどうしても明るさが残っているんだけど切ないオブ切ないを極めている最近のアマツキツネまらアレンジ。でも力強さを感じる弾き方だからこそただの切ない楽曲で終わらせてない。まらさんが弾いてるまわりをキツネが駆け上がっていく様子が見えた、私の脳内でね?

→MC

(⚯̫)<昨年は小湊さんに来て頂いたり。まらフェスや動画でもお世話になったかなぁ。…いや、来ないよ?(笑)仲悪くなったとかじゃなくて……。……いろんな事情で(笑)

4.残酷な天使のテーゼ太陽曰く燃えよカオス→Godknows→POP TEAM APICピースサイン

怒涛のメドレーライン。

→MC

(⚯̫)<(アニメタイトルと曲名全部言う)…言えた!今日は言えたよ!(おめでとうそんなあなたがかわいい!!!)

5.Evans

個人的には『Sogna』『Andromeda』と同系じゃないかと踏んでいたけど切なさよりは力強さのほうが感じた。踏み込みのときにペダルの音がするのが性癖に刺さる。

6.凛として咲く花の如く

高音からの音の下がりで軽やかにさがっていってるんだけど踏み込みや音の切り方でメリハリがついてて『和』なんだけど『おしとやか』で終わらせない魅せ曲。

7.打打打打打打打打打打

毎度思ってるけどサビのところえげつなく踏み込んでるわけでもないのにさらって流してるわけでもなくほどよくゆるやかな抑揚ついてるのすごくないですか???

→MC

(⚯̫)<だだだだ……んんっ!(笑)半分くらいの確率でしか言えない(笑)

8.cat's magic☆

ただボカロverが聴けるだけじゃなくて動画付きなんですか嘘やん?その動画見てにへにへしながら弾かないでかわいいだけです。守りたいその笑顔。曲のタイトルにかさねて『魔法』がそれなりにキーポイントになってるのかな。まるで魔法使いのようなあなたが魔法テイストの曲を作るのエモい……。

9.T.o.k.y.o

off vocal。歌詞がないぶん演奏と映像でまた新たな物語が組めそうだなと思いながら聴いておりました。まるで暗い夜空にぽつりと灯る街頭の下で弾いているような切なさ、危うさ。本来の歌詞の意味づけがそこに表れていたのかも。

10.Messier

おいでませピアノプロジェクション。それはずるいで工藤。広大な銀河のきらめきからイントロが始まり、あかりの少ない暗い街並みを泳ぐ気球の様子が低音メロディーラインで表現されている。そこから上昇を続け、無数に散らばる星々が私たちのもとに降ってくるようなきらめく音たち。そしてラスサビ前のささやかなメロディーで織り成される星座たち。きっとこの曲のあいだ、私達は同じ星空を見上げていたんだよ…。

MCでこっち向いてしゃべらないで目が合ってるそんな気がしちゃうからどきどきしゃうからね!?

11.人形の夢と目覚め

鍵盤をたたくと気球が出るんだぁ!と可愛げに自慢していたまらさんに笑う観客の声。そのなかにちびっこの笑い声が!それを聞き逃さないまらさん。ノリノリでこの曲を弾き始める。さる気球が大量に出てきて盛り上がる観客。ご満悦な表情のまらさん。かわいいかな???

12.ミル(スペルは知らぬ)(ツアー描き下ろし曲)

けもみみっぽい?ろりっぽい?パズドラの女の子?あーはいはい、あなた好きよね〜〜!ね、ハム太郎。カリンちゃんのようにはねるでもなく、ソニアちゃんのように何か切なさをはらんだものでもなく、歯車のようにとまることなく穏やかにまわるゆったりとした流れを感じた。でもバラードでもなく……。この曲も左手低音ラインでベースして右手高音ラインでメロディーかますまらスタイル。

13.わたしのマーガレット(生音)

(⚯̫)<僕に初恋の曲を頼むのは違うような…って…(笑)

………え?いや、この曲聴いてお前いい恋したんやな…としか思えんけど??でも穏やかにゆるやかに進んでいく日常の記憶なのに叶わない恋のような切なさを感じたから、『初恋は叶わない』って言われている要素を盛り込んだのかな、と思いつつ。これが彼の初恋の記憶をもとにしているんだったらほんとお前いい恋してたぜ。本当幸せになってくれ。

14.渚のアデリー

多分これ幼少期の癖が滲み出てるで賞。イントロのクレシェンドの持っていき方とか細かい音の弾き方とか今のまらさんにしては弾き方が『自由だけどクラシック感』が強い。それでも本人は目を瞑るかのように穏やかな表情で口元緩ませながら弾いてる……(推せる)。

15.拝啓ドッペルゲンガー

真っ赤なライトに照らされて、あの右手で始まるイントロ弾き始めるの爆イケすぎるでしょ。そしてラスサビ入り始めの『拝啓』でライトしぼってまらさんにスポットあてて『ドッペルゲンガー』で真っ赤に戻す演出が控えめに言って曲にも合ってるしそのタイミングでまらさん踏み込むからどちゃくそカンペキタイミングすぎて推せる。

16.千本桜

あの空間はまらさんのまわりを桜が舞っていたんや。以上。このあと

(⚯̫)<牛タン好きでさぁ、焼肉行っても米食べない。タンかキムチかしか食べないもん。さて…次が最後になります!

観客<えーっっ

(⚯̫)<…!?

を繰り返します。2回目のまらさん

(⚯̫)<…!!1位!!

そうやって他にも言ってるのかもしれないけどそんなあなたが好きや……。しかもこのくだり好きなんだってよ彼…。あと初参戦と思われる斜め前のおば様がこのくだりにはしゃいでてほっこりした。

17.ネイティブフェイス

イントロ溜めるマン流行りマン??って思ったけどまらさん思い入れが強い曲イントロ溜めるイメージだからな…。そしてあなたサビの高音響かせるの得意ね…。なんであんなにカツンとはまってきらきらした音になるのかしら…心の綺麗さ??あと手元スクリーンに映るんですけど勢い余ってつむじとかまるっこい頭のラインめちゃくちゃ映っててそれも含めて推せる。

 


☆アンコール☆

18.大盛況

はいはいはいはいベッドターイム(意味深じゃないよ)☆運んでもらって嬉しそうにしてんじゃないよかわいいな!!あと気になったんだけどパンツ変わってるよね(ツアーTシャツに黒ジャケット、黒パンツ→ツアーTシャツに白パンツ)??え??ステージ袖で早着替えですか??嘘でしょ??あなたあの幕の後ろでパンイチになってたかもしれないの??テンションあがるわ。

→MC

(⚯̫)<はい!にゅうて……あ、どうも……(枕を直される)。……入店しました〜!ってゆりたかったんだけどね……。(かわいいなどうした??)

19.Happy Birthday to you

ピアノプロジェクションよ、そこでずんだが出てくると思わんやん??なんでや工藤。

(⚯̫)<さるがこうやって出るとみんな喜ぶんでしょ?(笑)だからさぁ…

…いや、その発想からずんだに行き着かないよ!?話の持っていき方!!!かわいいから許す!!!お誕生日おめでとう!!!

20.sakura wishes

切なく散り始めた桜が、曲を進めていくにつれて空へとぶわっと舞い上がっていく情景が脳から離れない。そして穏やかで優しく、桜がひらひらと散っているような場面でのまらさんの弾き方がベッドに寝転ぶんじゃないかレベルで身体逸らして弾いてるからあれは究極に神経すり減らして弾いてる…。あれは懸けてる…。

21.ナイト・オブ・ナイツ(U.N.オーエンは彼女なのか?、チルノのパーフェクト算数教室、コネクト、シャルル、アスノヨゾラ哨戒斑、Bad Apple!!、名前のない怪物)

お前が混ぜないわけないよな、知ってた。でもシャルルはほぼFullで入ってたしイントロ部分でスピード落とすからそのままシャルル入って終わるのでは!?と思えてしまったけどそのまた突っ切っていくのはもはや『そんなので終わるわけないでしょぉ?』っていうあなたのおちゃめかな?わかります。手拍子貰えるからってそんな脚ぴょこぴょこするんじゃない!!!かわいいでしょーが!!!

☆ダブルアンコール☆

22.Love Piano

(⚯̫)<ピアノやめちゃったよ、っていうひとも、もっかい、少しでも、ピアノをさわってもらえたらなぁって思います。

『Love Piano』は決して企画のためにできた曲ではなく、彼のまっすぐなピアノへの愛がこもった『想いを、愛をつめた曲』なんだと改めて実感した。イントロのメロディーラインは幼少期の褒められまらさんの『ピアノがたのしい!すき!』を込めたもので、そこからゆったりしたメロディーラインは『ちょっと練習休憩してもいいかな〜』という倦怠期的なものだと思ってるので最後はイントロメロディーラインが戻ってくるから彼は倦怠期的なものも乗り越えながら今また『ピアノが楽しい!』の気持ちを抱いて弾いてくれてるんだ、と感じて普通に泣いた。

 


弾き終わり、スケッチブックをスマホで撮る彼。それを見てへらっと笑い、ご満悦の表情。そして、観客を見てぺこりとお辞儀。袖の方に移動してからもまた、ぺこりとお辞儀。そしてぱっと会場内のすべての光がもどり、ハッとして、現実へ。わたしは、あの空間で、『夢』を見ていたような気分だった。天使がわたしたちに見せてくれた、幸せな夢。

 


『天使の優雅な演奏会』。

彼が魅せてくれた、夢のような素敵な空間。

End

 


☆はみだし枠☆

・終始首筋きれいだな

・最後に頭ピアノの蓋にガンッってぶつけて

(⚯̫)<(イタッ!?)

ってしてたの大丈夫だったかな。心配だよおねーさんは……。

・どの曲だったか忘れちゃったんだけど手拍子してたらなぜかそっと椅子から離れるまらさん…そして

(⚯̫)<(ごめんね💦)

って綾鷹を飲んでから戻る…おっと??

・お辞儀がペンギンみたいにかわゆいし、手拍子煽る時に両脚バタバタさせるの癖ね?かわいいね???そしてぐーって伸びして弾き始めるのも癖ね?かわいいね???そんなあなたが好き。